新着情報

協会の最新ニュースや協会員のみなさまにお知らせする記事を掲載しています。


2021.08.06

お知らせ

要注意 ”分譲マンションの排水管 劣化の惨状”

分譲マンションの大規模修繕工事につきましては、概ね15年経過頃に行うことは良く知られているところです。

ところが、排水管などの改修工事に関しては、見落とされ勝ちのようです。それは、年に1度程度の高圧洗浄などを

行なっていることで安心している面もあるようです。

2回目の大規模修繕工事を終えたマンションの場合、築後30年以上経過していると全てではありませんが、マンションの

条件によっては排水管の劣化が激しく「鉄部の錆による穴あき」「破断」「管の詰まり」「ジョイントの外れ」など

様々な支障が生じている場合があります。それらの症状はPS内部や1階床下・地中と隠れた場所で進行しています。

極限になっての症状は「1階トイレや台所」の排水管詰まりや逆流による吹き出しとなって現れます。

管理組合さんには、築後年数を考慮して排水管の調査や改修の検討(長期修繕計画に含まれているか)をお勧めします。

以下の排水管の損傷写真は、大阪市内の某マンション管理組合様から、全ての管理組合様の参考にとご提供くださいました

のでアップさせて頂きました。

(最上段の写真は、1階床下を捲って排水管を掘り出したところ、地中で管が断絶している様子がわかります)